与党、31日午後に衆院通過の構え=郵政法案、攻防ヤマ場に(時事通信)

 与党は31日午後の衆院本会議で郵政改革法案を採決し、衆院を通過させる構えだ。これに対し、野党は亀井静香金融・郵政改革担当相や原口一博総務相に対する不信任決議案の提出を検討、徹底抗戦する方針。同法案をめぐる与野党の攻防がヤマ場を迎えた。
 民主党国対幹部は郵政法案について「何としても31日には参院に送りたい」と強調。与党には夏の参院選で連立政権の成果としてアピールする狙いもあり、会期内の成立に全力を挙げる。
 一方、野党は与党側の対応を「言論封じであり国会が死んでしまう」(大島理森自民党幹事長)と批判、衆院通過を阻止したい考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、福島担当相を罷免〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察―口蹄疫(時事通信)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
小沢幹事長 郵政法案「全力で今国会中に成立期す」(毎日新聞)
児童のわいせつ画像で一斉摘発 8都府県で18人摘発(産経新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
[PR]
by o4ick9h1pc | 2010-06-03 23:51
スペルボーン(Spellborn)