「仕事で鬱」労災申請 初めて1000人突破 昨年度(産経新聞)

 仕事上のストレスが原因で鬱病(うつびょう)などの精神疾患にかかったとして平成21年度に労災申請をした人は、前年度比209人増の1136人に上り、初めて1千人を突破したことが14日、厚生労働省のまとめで分かった。このうち労災認定を受けた人は同35人減の234人で、自殺者は同3人減の63人だった。

 長引く不況などで職場環境が依然厳しい状況にあるなか、厚労省は「メンタルヘルスに対する関心が高まり、精神疾患で病院にかかる人が多くなったことや、職場での精神疾患に関する労災認定基準を改正したことなどが申請増につながったのでは」と分析。一方、過労死弁護団全国連絡会議幹事長の川人(かわひと)博弁護士は「最近は精神疾患で療養中という相談が後を絶たない。職場で心の病が広がっている」と指摘している。

 労災認定者を業種別にみると、製造業の43人、卸売・小売業の36人、建設業の26人、運輸業・郵便業の23人の順。年齢別では30歳代が75人、40歳代が57人、20歳代が55人だった。精神疾患になったきっかけは「仕事内容・仕事量の大きな変化」が55人で最も多く、「悲惨な事故や災害の体験(目撃)」(37人)、「勤務・拘束時間が長時間化」(25人)と続き、「ひどい嫌がらせ、いじめ、暴行」も16人いた。

【関連記事】
増える鬱病に現場は混乱 身近になった一方で自己判断での思いこみも
ストレスを数値化 鬱病予防へ新システム開発
自殺男性と鬱病との関係一部認め、日通に賠償命令 大阪地裁
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし
飯島愛さん“孤独死”から1年…激白本「鬱病ロッカー」大反響

「小沢神話」の呪縛を解け(産経新聞)
女児助けようと千葉で男女水難 1人死亡(産経新聞)
大相撲 木瀬親方、暴力団との過去の交際認める(毎日新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
水柱80メートル!! 神戸港で機雷爆破処理(産経新聞)
[PR]
by o4ick9h1pc | 2010-06-15 16:35
スペルボーン(Spellborn)